2017-11

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/94-0af35d68

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

国芳展イベント? 岩切友里子氏トーク×浮世絵版画摺り実演

ご無沙汰しております、スタッフのマツです 先週18日より、アダチ版画研究所目白ショールームで、「スカイツリーを予言した!? 粋な江戸っ子浮世絵師・歌川国芳展」が始まりました。没後150年を迎え、人気急上昇中の幕末の浮世絵師・歌川国芳の復刻版を一堂に揃えた企画展です。20日には、東京新聞でも紹介いただき、開催直後から、多くの方にご来場いただいております。

さて、オープン最初の土曜日は、企画展関連イベント第1回「岩切友里子氏トーク×浮世絵版画摺り実演」を開催しました! 告知の期間が限られていたにもかかわらず、定員を上回るご予約があり、東京近郊だけでなく、静岡・滋賀・愛知からもお申し込みがありました!

イベントでは、まず最初に、先日ベルリンでも大活躍してきたアダチ版画の若手摺師・川合による摺りの実演を行いました。(ベルリン出張実演の模様はこちら>>)実演した作品は「金魚づくし」シリーズより、火消し金魚たちを描いた「まとい」。真っ白な和紙の状態から、色とりどりの金魚たちの姿が現れるまでの一連の工程をご覧いただきました。

参加者の皆さん、食い入るように川合の摺りをご覧になり、解説員のマツもいつになく緊張いたしました 実演中も、次々と会場から質問が上がり、色々なお話をさせていただき、時にはゲストの岩切先生にもお話をうかがいました。会場はお客様の熱気で包まれ、一時冷房をつけるほど。後方のお席の方は、手元が見づらくて申し訳ございませんでした

約45分の実演で、作品が完成。出来上がった作品を客席にお回ししますと、皆さん記念にケータイで写真を撮ったりされていました。これが江戸時代当時の摺り立ての色、庶民が手にしたサイズなんですよ~高度な江戸の職人技を、目と手でご堪能いただきました

国芳展イベント第1回 国芳展イベント第1回

そして、14時からは浮世絵研究家・岩切友里子先生によるトークです。岩切先生といえば、皆様ご承知のとおり、今年、大阪・静岡を巡廻してきた史上最大規模の「歌川国芳展」の監修をされている先生です。この「国芳展」、2ヶ月後にはいよいよ六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されますよ
ということで、国芳研究の第一線でご活躍中であり、展覧会開催2ヶ月前のご多忙の先生をお招きしての、本当に貴重な講演となりました。

ご講演のタイトルは「国芳の魅力 ―― 復刻された作品を中心に」。「金魚づくし」シリーズを皮切りに、愛猫家・国芳の優しさを感じる「猫飼好五十三疋」、ウィットに富んだ美人画「ほぐそめ」、努力の結晶である風景画「忠臣蔵十一段目 夜討之図」「東都首尾の松」などなど、アダチ版画研究所が復刻した作品を中心に、作品の見所をご紹介いただきました。長年にわたり膨大な作品と資料に触れて来られた岩切先生のお話は、まるで、タイムトラベルして国芳の仕事部屋をご覧になってきたのではないかと思うほど。絵師の側に立ち、彼の発想の原点を丁寧に繙いておられました。

国芳展イベント第1回会場からは、時々クスクスと笑い声が洩れたり、ほーっと感嘆の声が上がったり。参加者の方々も、先生のお話にぐいぐい引き込まれていて、あっという間の50分でした。ご講演の後の質疑応答の時間も、次々に質問が上がり、時間で打ち切らせていただかざるをえませんでした。イベント終了後も、ほとんどの方がすぐにお帰りにならず、岩切先生のお話を思い起こしながら、会場に展示してある復刻版を楽しんでご覧になられていました~

2時間のイベントで、浮世絵版画の楽しみ方、国芳の魅力を満喫いただけたと思います。岩切先生、本当に有難うございました
企画展は12月7日までです。今回のイベントに参加出来なかった方も、是非是非、お立ち寄り下さいね。



参加者の声(当日配布のアンケートより)

版画刷り実演を見て、若い方に技術が伝承されていることに感動した。ご苦労が多いと思いますが頑張って欲しい。岩切先生のお話は非常に面白く興味深く聞きました。絵師(国芳)の隠れた努力も初めて知った。(神奈川県・62歳・男性)

学芸員さん、岩切先生のご説明、大変わかりやすく興味深かったです。貴重なきかいをありがとうございます。(東京都・22歳・女性)

matsu-jirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/94-0af35d68

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。