2017-11

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/72-29210f7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

六本木ミッドタウンのサントリー美術館で摺り実演&体験講座

だいぶ寒くなってきましたが、皆さんお風邪などはひかれていませんか?
目白の銀杏並木も黄色に色づき、歩道にはだいぶ落葉が目立つようになってます。
もういよいよ冬到来ですね。

suntory01さて、アメリカ西海岸のサンディエゴ・ロスの実演出張からから帰国し、まだ一週間ほどですが、日本でも浮世絵が熱く盛り上がっています!
東京の観光名所にもなっている六本木ミッドタウンのサントリー美術館で開催中の浮世絵展が今話題ですよ。

今回の展覧会は、皆さん良くご存知の歌麿や写楽と言う人気絵師を世に出した版元・蔦屋重三郎を紹介するものです。普通浮世絵の展覧会というと、海外の美術館所蔵のものや、絵師に焦点をあてたものがほとんどですが、今回は版元をとりあげていて、なかなか面白い展覧会になっていますよ。
江戸の名プロデューサーといわれ、本から一枚の浮世絵の出版まで、時代を読んで一般庶民の注目を集める人だったようです。今でいうと、AKB48などをプロデュースされる秋元康さんのような感じでしょうかね。そして、皆さんおなじみのTUTAYAさんもこの蔦屋重三郎にあこがれ、社名をお付けになったようです。

その蔦屋重三郎さんを紹介する浮世絵展にあわせ、サントリー美術館様からご依頼いただき、28日の日曜日お客様向けのイベントとして浮世絵の実演&体験講座をしてまいりました!


今回は午前・午後の2回。午前中は親子向け、午後は一般の方向けの講座でいずれも30名様の定員のところ特に午後の回は3倍くらいの倍率だったそうです。皆さんのご興味の高さに驚かされました。ご期待にそわなくては・・・。


suntory04実演の題目は、北斎「神奈川沖浪裏」でした。写楽・歌麿が展覧会のメインではありますが、より一般の方に親しみのある図柄をご覧いただきました。北斎もまだ駆け出しの勝川春朗と名乗っていたいた頃、蔦屋さんにその才能を見いだされ、仕事をいただいていたんです。今回の展覧会にも作品が紹介されていますので、是非ご覧下さい。そのころは、まだ風景ではなく、役者絵を描いています。

サントリー美術館様では、毎回展覧会に合わせて、一般向け・子供向けのイベントを企画されているようです。参加の方の中には、このプログラムに良くご参加される方もいらっしゃるようです。お子様ですが、みんなかなり真剣にご覧いただき楽しんでいただいたようです。

suntory02
摺師・京増の摺った神奈川沖浪裏を手にとって見る参加者の方。展覧会場では体験できない浮世絵版画の摺りたての鮮やかさ、和紙の凹凸など触ってみることで、江戸の人々の楽しんだ様子を垣間見ることが出来たかな?






suntory03
親子で、並んで体験していただきました。通常の半分のサイズの版木を使って、職人の使う摺台や道具で摺ってみることで、見当に紙を合わせることの難しさや摺るのに力が必要なことを感じていただいたようです。サンディエゴでも活躍した摺師・京増と彫師・岸がご指導させていただきました。
紙の持ち方やバレンの動かし方などを知ることで綺麗に摺っていただきました!





suntory05
午後の一般向けでは、実演の後、さらに本格的な体験をしていただこう!ということで紙も少し湿らせた状態で摺る大きさも本物と同じ大きさに。アウトラインの一色だけでなく、波の部分の薄い藍色も入れてみていただきました。一色ではあまりわからない見当に合わせることの難しさを体感していただいたようです。
摺台を4台用意し、2台ずつ並べて向かい合わせに配置。摺の工房さながらの状態で皆さんで楽しく摺り体験をしていただき、ご参加の方々も大変お楽しみいただいたようです。

展覧会は12月19日まで実施中です。
是非、クリスマスイルミネーションも素敵な六本木ミッドタウンで浮世絵をお楽しみください!

tenchojirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/72-29210f7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。