2017-07

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/47-93eb87a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

現代の職人たちが挑んだ北斎「富嶽三十六景」全図復刻!

どうも、こんにちは!スタッフのマツです
今朝はぐっと冷え込みましたが、日中は気持ちの良い青空ですね。天気も良いので、朝早くから企画展〈ザ・ベスト・オブ・北斎 ―「赤富士」を生んだ天才と匠の技―〉にお客様がお見えになっています。北斎尽くしの会場は見応え充分です

新宿経済新聞0420さて、今回の企画展、4月3日発売の『月刊 東京人』さんに紹介された他、先日「新宿経済新聞」さんでもご紹介いただきました

新宿経済新聞「下落合で北斎の復刻浮世絵展-楳図かずおさんのオマージュ作品も」(4/20)
掲載されている写真は、企画展の一画"「赤富士」人気分析コーナー"のワンショット。企画展開催直後、お客様で賑わった土曜日のときの写真ですネ。
この他にも、先日某社の記者さんに取材いただいてます。もしかしたら記事になる、かも 掲載の折には、アダチ版画研究所のホームページでもご紹介させていただきます。(アダチ版画研究所のメディア掲載情報はコチラ>>

アダチ版画研究所目白ショールームの展示は、これまでにも色んなメディアさまでご紹介いただいていますが、この4年間(それ以前は赤坂にショールームがありました)で一番多くのメディアにご紹介いただいたのが、2006年秋の「富嶽三十六景」全46図復刻完成記念の企画展〈富士、極まる。 ~冨嶽三十六景のすべて〉です。
NHKの朝のニュースでご紹介いただいたのを皮切りに、新聞・雑誌など沢山のメディアにご紹介いただきました。お陰様で1ヶ月半の会期中に約3,000人のご来場があったんですよ
当時は日曜日+第1・3・5土曜日休みが休みだったので、ほぼ平日のみの営業で大勢のお客様にお越しいただき、連日嬉しい悲鳴を上げていました。懐かしいなぁ……
天才・北斎の人気を改めて実感すると共に、伝統技術を受け継ぐ職人たちへの熱い声援に励まされました

「富嶽三十六景」全46図の復刻が完成して早3年、その人気は変わりません。アダチ版画研究所では130図以上の北斎作品を復刻していますが、「富嶽三十六景」の作品がダントツの人気です。
アダチ版画研究所が復刻した「富嶽三十六景」全46図は、是非、北斎と地図で巡る「富嶽三十六景」のページでお楽しみ下さい。全てが名作の本シリーズ、きっとお気に入りの富士山が見つかります


▼地図上で北斎の描いた富士山が見られます!▼
北斎と地図で巡る富嶽三十六景


もちろん、「富嶽三十六景」の人気作は、現在開催中の〈ザ・ベスト・オブ・北斎〉の会場でもご覧いただけますよ。



TV・新聞・雑誌で話題になった職人たちの技の結晶、是非見にいらして下さい 皆様のご来場をお待ちしております


そしてそして、各種メディアも大注目の職人技が、明日25日(日)、東京・九段下の昭和館さんでご覧いただけます。若手摺師K君が、北斎の名作「神奈川沖浪裏」が出来るまでを実演しちゃいますよ~。11:00~と13:30~の2回。 どうぞお見逃しなく。
詳細は昭和館ホームページでご確認下さい。>>

職人による浮世絵版画制作実演アダチ版画研究所目白ショールームで開催している定期実演会もおかげさまで大好評。次回6月12日の回はお申込み多数につき、受付終了させていただきました。ただいま、キャンセル待ちのみ受け付けております。
「職人の技がどうしても見たい!」という方は明日の昭和館へどうぞ!
(写真は今月初めの昭和館での実演会の様子。写真右端がK君です

matsu-jirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/47-93eb87a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。