2017-09

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/39-d2b8d068

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

春色 目白 ショールーム♪

こんばんは、アダチ版画スタッフのマツです。連日、寒いですね~ って、外を見たら……また雪降ってる~

100213本日は、昼もほとんど気温が上がらず、終日傘の手放せない天気でした。そんな小雨降りしきる中、アダチ伝統木版画技術保存財団主催の実演会には、多くの方がお越しになりました。
定期的に開催しているこの摺り実演会、毎回定員を上回るお申込みがあり、すでに次回4月10日(土)の回もご予約のお席が埋まり始めている状況。お陰様で、大変ご好評いただいております

実演会では、アダチ版画研究所の職人が、真っ白な和紙から、作品が完成するまでの行程を約1時間半かけてお見せしています。毎回、解説員が、実演中の職人の傍らで解説も行います。

本日実演したのは、広重の花鳥画「椿に鷽」。数日前に展示替えしたばかりの目白ショールームで展示中のこの作品です。

いかかです? とっても素敵な作品ですよね 店長もマツもイチオシの作品です。
広重と言えば「東海道五十三次」などをはじめとする風景画が有名ですが、実は花鳥画の優品を沢山のこしているんです。

椿も鷽も春の季語。本作では、薄紅色のぼかし(グラデーション)の背景が、春の優しい空気を伝えてくれます。上下の二つの椿の花は輪郭線を用いず、和紙の質感を活かし、空摺などで花びらのやわらかさを表現。木版画の特性を熟知した広重の才能が遺憾なく発揮されている作品だと思います。

じーっと見ほれている内に、小鳥が画面から飛び去って、椿の枝が反動で揺れるんじゃないかと思ってしまいます。お部屋に春風を運んでくれること間違いなし。
ただいま目白ショールームでは、こんな春色の作品がずらり揃っています。本日ご来場の方々も、お一人お一人、じっくりと浮世絵の春を満喫していらっしゃいました

目白ショールームは、土日も営業しておりますので、是非、一足早い春を満喫しにいらして下さいネ。


ただいま、年度末のこの時期に大人気の浮世絵3点が送料無料お得なキャンペーンも実施しております。出会いと別れのこの季節、贈り物に、春色の浮世絵をどうぞ 目白ショールームで、この他にも、この時期にオススメの浮世絵を多数ご覧いただけます。



matsu-jirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/39-d2b8d068

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。