2017-05

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/30-191963b3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アダチ版画の職人 実演にひっぱりダコ!

どうも、大変ご無沙汰しておりますアダチ版画のマツです
本日は、アダチ伝統木版画技術保存財団主催の職人に学ぶ木版画教室」土曜クラスの第1回目でした。
毎年ご好評いただいているこちらの木版画教室。アダチ版画研究所職人たちが講師となり、参加者の皆様に木版画の年賀状を作っていただきます。「彫り」と「摺り」の全2回で、ハガキサイズの木版画を完成! 財団設立以来の恒例事業となっており、毎年ご参加下さるリピーターの方も多数。
今年もキャンセル待ちのお客様が出る人気ぶりで、今年は急遽定員を増員した程でした(それでも、キャンセル待ちの方がいらっしゃいました……残念です。)

本日は彫りの教室。職人の実演付きで、木版の彫りの基本からちょっとしたコツまでを参加者に伝授。皆さん、「へぇ~」「ほ~」と感嘆の声をあげていらっしゃいました
マツも、事前に自分で彫刻刀を持って板を彫ってみたのですが、む、むずかしぃ~ 版画教室では、初心者向けにベニヤ板の版木を使うのですが、柔らかい板ですら、思うように刀が運びません。 日頃、見慣れている職人仕事が、いかに困難なものかを身を以て実感しました。

091114写真は、本日の教室の模様。アダチ版画研究所の復刻版浮世絵に囲まれながら、皆さん真剣に板を彫っていらっしゃいます。ケガをされる方などもおらず、彫りの回は無事終了いたしました。
下絵を拝見しましたが、どれも素敵な図柄ばかりで、次回、摺りの回が楽しみです。(彫り終わらなかった板は、皆さんお宅で宿題です。)

さて、参加者の皆様を感動させた職人技、実は本日は、版画教室以外の場所でも多くの皆様にご覧いただいておりました。
東京芸術大学と台東区による「上野タウンアートミュージアム(UTM)2009」の企画で、彫師・摺師が浅草公会堂にて実演を披露。財団理事長の安達以乍牟が伝統木版画についてお話をさせていただいておりました。

さらに、現在、浮世絵展を開催中の宮崎県立美術館よりご依頼いただき、アダチ版画研究所の摺師と店長が、昼すぎの飛行機で一路宮崎へ。明日、宮崎県立美術館にて、摺りの実演を行います。11時からと14時からの2回。ご興味ある方は是非、お出かけ下さいね。
詳細は宮崎県立美術館のホームページで


そんなこんなで、アダチ版画研究所職人総動員! 各所で伝統木版画の技術をご紹介する週末となっております。多くの方が、伝統木版画について興味を持って下さっている何よりの証拠。嬉しいですね~

elephantそして、浮世絵や木版画に対する関心の高まりは、実は日本にとどまりません。10月末より2週間、国際交流基金のご依頼で、財団理事長の安達と若手摺師K君が、東欧4ヶ国に出張実演に行っておりました。そのレポートも近々、こちらでご紹介出来ればと思っています。
本日は予告として、K君がお土産に買ってきてくれた、象の置物をご紹介しておきますぱお~ん。

……でもなんで、象?
matsu-jirushi

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/30-191963b3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。