2017-05

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/15-a2667660

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

落合蛍って知ってますか?

どうも、こんばんは! アダチ版画スタッフのマツです。本日も暑かったですね~。 
さて、一昨日の日曜日、アダチ版画研究所の近所のおとめ山公園では「ホタル観賞の夕べと夜のおとめやま公園」という催しが行われました。おとめ山公園にはホタル舎があり、の飼育を行っています。年に一度、飼育しているを一般に広く公開するのがこの鑑賞会。”「落合蛍」を育てる会”の皆さんが主催しています。

090705_01落合蛍」って何? と思われた方も多いと思います。今ではちょっと信じられない話ですが、このおとめ山公園付近は、かつて江戸有数のの里で、絶好の狩スポットだったんです。
江戸のタウンガイド『江戸名所図会』にも「落合蛍」と紹介されていますし、広重が落合の蛍狩の様子を浮世絵に描いていたりするんですよ。

という訳で、日が落ちてから、おとめ山公園に行ってみました~(会社の自転車を借りて)
行く途、おとめ山公園を目指していると思われるご近所の方々が多数いらっしゃり、公園入り口には列が出来ていました。

公園の出入り口付近はライトを使っていましたが、公園内は照明を極力排し、ほぼ真っ暗。懐中電灯を持った係の方が所々に立って来場者を誘導し、階段の段差にはサイリュームのブレスレット(夜店で見かける暗闇で発光する玩具)を並べていました。普段は入れない夜の公園、とてもワクワクしました。月明かりがいつになくキレイに見えましたよー。

090705_03肝心の蛍は、ホタル舎の中での観賞になるのですが、そこから逃げ出した蛍が時折、人の列の脇にすーっと飛んできて、来場者の目を楽しませていました。間近で蛍を見るのは数年ぶりだったので、感動しました 蛍ってあんなに力強く光るんですね~。
公園到着から待つこと数十分、ようやく入れたホタル舎の中は、ここが平成の新宿区かと疑いたくなるほど、静かで幻想的な光景が広がっていました。やー、いつまでも眺めていたかったなー。

売上げの一部が寄付されるとのことで、帰りにサイリュームのブレスレット1つ買って帰りました。
目白の街が、蛍の飛び交う緑と水の美しい街になると良いですね。

江戸の夜空を飛んだ落合蛍に思いを馳せて、最後に春信の作品その名もズバリ「蛍狩」をご紹介して本日のブログは終了。春信が描いたのも、もしかしたら落合の蛍だったかも
只今、アダチ版画研究所目白ショールームで作品も展示中です
matsu-jirushi

新宿区のニュース(2009/07/05)
「新宿育ちのホタルの神秘的な光 おとめ山公園でホタル鑑賞会を開催」


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/15-a2667660

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。