2017-09

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/14-e87b6139

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アダチが浮世絵の技術でゴーギャンを作った!?

皆さんは、山手線の駅に設置されているこの看板もうお気づきになりましたか?明後日から始まるゴーギャン展の看板です。今回初来日したゴーギャンの最高傑作と言われている「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」を全面に押し出した看板で、マリンブルーの夏らしい色調がとても見る人の目を引きつけていますね。
渋谷駅広告看板

実は、この展覧会にあわせNHKの番組企画でゴーギャンの作品を江戸の木版技術でつくってみるというプロジェクトに今回我々も参加させていただきました!
日本の浮世絵は、幕末以降ヨーロッパに渡り多くの印象派の画家たちに影響を与えたと言われています。ゴーギャンもその一人であることで知られています。

今回、ご自身もゴーギャンに影響を受けたという日本画の巨匠平山郁夫先生の発案で、日本の浮世絵制作技術でゴーギャンの作品を再現することで、彼がどのように影響を受けていたかを検証しようということとなったのです。

番組は、
BShiで、7月20日(月) 午後9:15~10:45から
ハイビジョン特集 「楽園の絵は百年の時を越えて ~ゴーギャンと日本~」
という番組中で今回のプロジェクトについても取り上げられます。


どのような過程で、木版技術でゴーギャンの作品が再現されたかは、今なんと渋谷で一足先にご覧いただくことが出来ます!
渋谷のNHK放送センターの一角にある「スタジオパークのパークギャラリー」で展示中です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓これがアダチの職人たちが制作させていただいた木版画作品です
ゴーギャン完成図

スタジオパークのパークギャラリーでは、使用した版木と完成品、そして摺り順序までがわかる展示となっています。そして、制作の模様がNHKさんのとってもきれいなハイビジョン専用のカメラで撮影された高精度な映像とともにお楽しみいただけます。渋谷にぶらりお出かけの際には是非一度遊びに行ってみてください。7月26日までご覧いただけます。

準備中
↑先週末店長が設営にうかがったときの風景です。摺り順序が並ぶとなかなか圧巻ですよ。

展覧会がある東京国立近代美術館(東京・竹橋)にもVTR放映ブースにて完成図が展示される予定です!ゴーギャンの素晴らしい作品と共に、平山先生監修のもとアダチの職人達が制作した木版画も合わせてお楽しみください。
tenchojirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/14-e87b6139

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。