2017-05

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/112-a6afff8f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海外実演・店長 フィリピン・マニラレポート vol.3

manira_demo

jfmanira012日目の午前中は、今回招聘いただいた国際交流基金のマニラ・日本文化センターで学生と一般の方向けに実演をしました。マニラ・日本文化センターは、現地の方々向けの日本語教育プログラムや日本の文化紹介活動をしているところで、今人気のあるマンガや雑誌をはじめ、様々な本を備えた図書館スペースもあります。今日は土曜日でしたが、午前中から図書館で熱心に勉強する方達の施設も。ビルの23階にあり、窓からマニラ・マカティ市が見渡せます。今日も天候はあまり良くなく、遠くは霞んで見えます。大きなマンションビルが2棟建設中で、これからさらにマニラの街が発展していく感じが見られますね!

jfmanira02開始10分前には、スタッフの方に案内された参加者の方々が会場に。開始時間は10時からでしたが、こちら「フィリピン時間」があるようでして(笑)、15分ほどたちほぼ参加の方が集まった時点でスタートしました。フィリピン大学の学生をはじめ、数校から学生さんが先生と一緒に参加いただいたようでした。一部の学校は今回のプログラムへの参加が授業の代わりになるとか。

実演する作品、北斎「神奈川沖浪裏」を皆さんどのくらいご存知かな?と思ってこちらからお聞きすると、ほぼ全員の方が手を挙げて、ご存知の様子。マニラの大学生の間にも「GreatWave」は健在でした。
<皆さんが乗り出して見ている姿が印象的ですね>

jfmanira03実演の間も、熱心に色々な質問をしていただき、終了後にはフィリピン大学の先生から「今回こんな貴重な実演を見せていただいたことに感謝します」というとても嬉しいお礼の言葉をいただくこともできました。
終了後は、今回ご覧いただいた浮世絵制作技術で我々が手がけた現代の作家の方の作品の紹介もさせていただきました。リトグラフやシルクスクリーンなどと異なる独特の和紙の風合いと色鮮やかさが印象的だったようで、とても真剣に見ていただきました。
<フィリピン大学の先生(左)と学生のみなさん>

皆さん、ありがとうございました!
この後2日目の午後は、アヤラ美術館に戻って、一般向けの実演です。
そちらの模様はまた後ほど。tenchojirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/112-a6afff8f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。