2017-04

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/11-aefa4bef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

浮世絵版画摺り実演会(平成21年度第2回)

こんばんは! アダチ版画スタッフのマツです。今日の東京は梅雨の晴れ間過ごしやすい気候でした。
そんな本日、目白ショールームで、アダチ伝統木版画技術保存財団主催の定期実演会が行われました。今年度2回目となる実演会。今日も沢山のお客様がお越しになりました~。

本日の実演作品は、歌川広重「紫陽花(あじさい)に翡翠(かわせみ)」。現在、目白ショールームでも展示しておりますが、6月ということで、紫陽花を描いた浮世絵を選ばせていただきました。ぼかし(グラデーション)を多用した紫陽花の表現は必見。雨後の空気感が伝わってくる、優しい雰囲気の作品です

細長い画面に「これも浮世絵」と思う方もいらっしゃると思いますが、コレ、大短冊という和紙のサイズなんです。広重の「東海道五十三次」「名所江戸百景」などより7割弱幅が狭いのですが、面積が少ないといっても、とーっても手の込んだ手間暇かかった作品なんです。

背景のぼかし、紫陽花の花のぼかし、葉のぼかし……一色ずつ摺り重ねていきます。
こちら、墨線と背景の淡い緑(1色目)を摺った状態。こちらは、さらに背景や紫陽花を数色摺った時点。
「紫陽花に翡翠」摺り風景01 「紫陽花に翡翠」摺り風景02
写真が見づらくて申し訳ありませんが、何色もの淡い色が幾重にも重なって出来上がる、とても繊細な作品なんです。

実演会090613一色一色重ねるごとに、徐々に完成作品に近づいていく様子を、一時間半の間、皆様静かにとても熱心にご覧になられていました。
本日の「ご来場者カード」には
何度も手間ひまをかけていることがわかり、感動した
こうした技術が長く受け継がれていくことの大切さを実感いたしました
といった素敵な感想が沢山。伝統木版の高度な職人技をご理解いただくことが出来、大変嬉しかったです。

次回の実演会は、来月7月11日 毎回、お立ち見が出るほどの人気です。是非、お早めにお申込みください。次回も、夏らしい季節の浮世絵の実演を行う予定でおります。
実演会の詳細は 平成21年度 定期実演会
matsu-jirushi





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/11-aefa4bef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。