2017-05

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/100-bb8f87df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海外実演・店長 韓国・光州レポート vol.1

韓国出張実演バナー

11月に入り、今年もあと残り2ヶ月。例年に比べるとだいぶ暖かい日が続いていますが、朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。結構、風邪ぎみの人も多いようです。皆さんも風邪にはお気をつけ下さいね。

korea_bus
さて、アダチ版画では、9月のベルリンに続き、韓国光州の美術館の要請を受け、昨日から海外出張実演に来ております!

昨日、5日に成田空港を経ちソウル仁川空港へ。
そこからさらに、高速バスに乗り継ぎ4時間半ほど南に行くと、光州へ到着しました。2年に一度光州ビエンナーレが開催される場所でもあり韓国の中では文化都市としても知られています。
←仁川空港-光州の高速バス!


今回は、光州現代美術の第一人者と言われるウ・ジェギル氏の美術館から招聘いただき、3日間の日程で、美術館の他、大学でも実演を行う予定です。
korea_exhibition02

korea_museumウ・ジェギル美術館では、氏の作品を展示すると共に2004年から毎年『国際版画ワークショップ』展を企画し、版画の啓蒙普及にも力を注いでいます。今回は第8回目で、日本の浮世絵木版画をテーマに企画をされ、オープニングイベントとして制作技術に触れていただくために、今日の摺り実演が開催されました。


korea_exhibition3時からの実演の前に、オープニングセレモニーがあり、学芸員の金さんから来場されたお客様に作品のご説明をされていました。
今回の展示は、アダチ版画研究所で制作された復刻版浮世絵25点で行われ、初期浮世絵と言われる墨一色の作品から、春信・清長・歌麿・写楽・広重・北斎・国芳といった有名絵師の浮世絵を網羅的に紹介されています。

今日は、ウ・ジェギル氏と交友のある光州におられる画家や版画家といったアーティストの方を中心に集まっていただきました。韓国の版画協会の会長の方などもお越しになり、オープニングの場では、韓国の版画や版画家の方々のお仕事の現状などもうかがうことが出来ました。会場に展示された浮世絵をご覧いただきながら、実演前にもかかわらず色々な質問を受けながら、和やかな時間を過ごさせていただきました。

korea_demo01 3時になるとワークショップのスペースに場所を移動して、摺の実演が始まりました。今回韓国にうかがった摺師は、昨年サンディエゴの実演にもうかがった若手の京増与志夫です。
そして、どこの国へ行っても知らない方はいないと言っても良い北斎の名作「神奈川沖浪裏」の実演をいたしました。

これまで韓国の方々の前で実演をすることは無かったので、どのような反応をされるか不安もありましたが、ご来場いただいた皆さんには、大変熱心に摺りの作業をご覧いただく事が出来ました。素材や絵具については作家の方が多かったためか、絵具や糊の使い方など具体的な質問も多くいただきました。

korea_demo02そして、実演終了後、摺りたての作品を回して、間近に触れていただくと、少量の絵の具でも鮮やかに発色することに対して、大変驚いておられました。バレンで和紙に絵の具を摺り込んでいくことでこれだけの色がつく職人の技に感心していただいたようです。

今回一番前の席で実演をご覧いただいた学生さんは、京都精華大学へも留学したことがあり、今日はソウルからわざわざ、実演を見るためにお越しいただいたとのこと。彼女自身、浮世絵そしてその制作技術に興味があり、西洋の印象派の人々になぜ浮世絵が大きな影響を与えていたのかを調べていて、今日の実演でさらに理解を深めていただいたとのことでした。韓国の若者にも浮世絵は影響を与えていたようです!

korea_artist最後にはこれまでアダチ版画で手がけた現代の木版画を披露し、浮世絵制作技術の表現の現代における可能性をお話してまいりました。
日本特有の伝統木版技術ですが、韓国の作家の人にも是非活用していただき、日本の職人達とコラボレーションさせていただきたいですね。

そして、最後に今回ご協力いただいたウ・ジェギル氏から感謝のお言葉をいただき、先生の作品集にサインをしていただきました!
ウ・ジェギル先生、カムサハムニダ。

明日は、光州にある国立大学・全南大学でのワークショップとなります。レポートお楽しみに。

tenchojirushi
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ukiyoe100.blog47.fc2.com/tb.php/100-bb8f87df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アダチ版画スタッフ

Author:アダチ版画スタッフ
江戸時代、庶民に愛されていた浮世絵。その浮世絵をつくる技術を継承した現代の職人(彫師・摺師)たちと一緒に、浮世絵の復刻版や現代の木版画作品を皆さんに紹介する仕事をしています!
アダチ版画研究所ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。